chiikineko_2012_cover
9月16日より販売を開始した協議会チャリティーカレンダー『ながさきの地域ねこ 2012』ですが、ありがたいことに、3つの新聞社さんが取材してくださり、先週から今週にかけて記事にしていただきました。

毎日新聞では、九州各県および山口県版に掲載していただいたことから、約80件のカレンダーに関するお問い合わせをいただき、約130部をご購入いただけることになりました。長崎県内(のまたごく一部)で自分たちで売って歩くのでは絶対に届けられない方々に、カレンダーのこと、また地域ねこ活動のことを知っていただく機会ができたことは、本当にありがたく思っています。購入して下さったみなさまにも感謝申し上げます。

また、西日本新聞の記者の方には長時間取材をしていただき、ていねいな記事を載せて下さいました。

 飼い主はいないが一定の地域に住み着き住民やボランティアに世話をされている「地域ネコ」の保護活動に取り組んでいる県地域猫活動連絡協議会が、地域ネコの写真を使った2012年のカレンダーを作成した。1部千円で、収益はネコの避妊・去勢手術の費用に使われる。

 連絡協は県内の動物保護団体などが、「ネコと人間が共生する社会の実現」を目指して2010年5月に発足した。

 野良ネコの多い長崎では、ふん尿やごみあさりなどの被害に悩む人も少なくない。一方で、個人の負担でエサやりや清掃に取り組む人もいる。

 連絡協では単に野良ネコを保護するのではなく、ネコ用トイレの設置やエサやり、避妊・去勢手術など、地域でネコを守ることに住民の理解を求め、結果的に少しずつ頭数を減らしていく長期的な活動を促している。

 来年のカレンダーには、路上で昼寝やあくびをしたり、桜の木に登ったりと、連絡協のメンバーが撮影したネコたちのかわいらしい表情が並ぶ。避妊・去勢手術が済んでいることを示すため右耳に小さな切り込みが入った姿も印象的だ。

 カレンダー作成は昨年に続き2回目で、前回は500部を売り上げ、収益で5匹が避妊・去勢手術を受けたという。

 連絡協は「被害に困っている人、ネコをかわいがりたい人の双方に役立てるため、活動の趣旨に賛同してもらえればうれしい」としている。

 カレンダーは長崎市東古川町のカフェ豆ちゃん、同市江戸町のネコカフェ「猫家 ふく福」などで販売中。

=2011/10/21付 西日本新聞朝刊=

単純にノラねこを大事に保護するというだけではなく、ねこに困っているひと・ねこをかわいがるひと、どちらにとっても──そしてもちろん外で暮らすねこたちにとっても──住みやすい環境をつくるための「地域ねこ活動」という主旨を、こうして記事の形にして下さったことは、ある意味非常に画期的なことだと思います。ひとりでも多くの方の目にとまり、記憶のどこかに留まってくれればと願います。

協議会ブログを開設して1年が経ったので、ブログスキンを新しくしてみました。

2010-10_template-design
元のデザイン

                ↓

 

2011-10_template-design
新しいデザイン

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

昨年販売した協議会チャリティーカレンダーの収益金(約40万円)を基に、長崎県地域猫活動連絡協議会では、2011年8月21日に長崎南部M町のアイちゃん・グーグーちゃんの不妊化手術に対して助成を行ないました。協議会としての不妊化助成ねこ第1号ということになります。

K-r13937
アイちゃん(1歳・キジしろ・メス)

K-r14674
グーグーちゃん(1歳・グレーキジ・メス)

2匹は、今年販売中の協議会チャリティーカレンダー『ながさきの地域ねこ2012』にも登場します。グーグーちゃんは手術後すぐに元気に走りまわり、愛嬌をふるまっているのですが、アイちゃんは開腹時に左腎臓の周囲に水が溜まっているのが発見されました。簡易検査の結果では、特に重篤な腎不全のきざしが見られるわけではなく、経過観察ということになりました。

しばらくは小康状態だったのですが、9月中旬ごろから食欲が落ち、目立ってやせてきました。一方で、避妊手術前まではひとと距離をとりがちだったのが、甘えてすり寄ってくるようにもなり、どこか体がだるいとか痛いとかいうふうでもありませんでした。

K-r14748

このまま少しずつ回復していくかなと思っていた矢先、10/7に容態が急変し、下半身がふらついて歩けない状態になりました。餌やりさんの自宅で面倒をみることになり、この連休中にもずっと見守っていただき、10/10には不妊化手術をしてくださった動物病院で点滴をうってもらたりもしたのですが、今日10/11の朝、息を引き取りました。

20111011202223
不妊化手術を担当して下さった動物病院の先生からは花束をいただきました。ありがとうございました。


おそらく避妊手術の際に判明した腎臓まわりの不良がきっかけとなって、腎不全(あるいはそれに近い状態)を引き起こしたのではないかという推測はしていました。ねこでも人間でもそうですが、腎臓を一度やられると、それを元の状態に回復させることは、現在の医学・獣医学では不可能です。なんとかだましだまし病気と付き合うほかはありません。

はっきりとした病因がなんであるのか、それを調べるには、高額の検査料がかかります。それがわかったところで、その先に治療を定期的に続けられるかといえば、そこにもやはり金額面の壁が立ちはだかります。個人の飼いねこであればともかく、10匹、20匹の外飼いのねこたちの面倒を見なければならない「地域猫活動」では自ずと限界がある。協議会とそのサポートメンバーのちっぽけな財布でお金を出し合って、それでもどこまで生きられるかわからない。

できるかぎりの医療を受けさせるのがアイちゃんにとってよいことなのか。それとも、与えられた寿命のなかで精一杯QOLを保ちながら安らかに過ごさせるのか。どちらがよかったのか、今でもわかりません。ただ、あまり人慣れしていなかったアイちゃんが、餌やりさんがそばにいて一緒に過ごしてくれることを喜んでいた、ということは確かです。ベストの選択ではなかったかもしれないけれど、アイちゃんは満足して旅立っていった、と思いたい。

K-r13470
餌やりさんの足元でくつろぐ

K-r13392
よくこんな感じで考え込んだようなポーズを取っていました。写真を撮られるのは苦手だったのかもね。

K-r10757
まだ手術前ですが、いちばんいい顔をして写っている1枚。

 

アイちゃんの冥福を祈ります。

出席:チームねこばか2名、しっぽの会1名、ながさき町ねこクラブ1名、オフィスさるねこ1名、長崎南部D町1名、長崎北部M町1名、長崎北部A町1名 計8名


  1. 2012年協議会チャリティーカレンダーについて
    • 9/21納品、9/23長崎市愛護フェスタにて販売開始、あわせてネット販売も開始
    • 販売委託先:カフェ豆ちゃん(東古川町1-5)、猫家ふく福(江戸町5-3)、エトウ動物病院(赤迫1-5-1)、三根動物病院(愛宕3-15-17)、はた動物病院(上町1-29)、あぜかり動物病院(畝刈町5-10) ほか
    • 長崎南部D町・長崎北部A町・長与M郷の各地域ねこ活動において売りさばき
    • しっぽの会・ながさき町ねこクラブでも随時売りさばき
    • 10/3毎日新聞より電話取材
    • その他マスコミへの投げ込みや販売促進ちらしの作成を検討
  2. 10/1長崎県くらしホッとフェスタへのパネル出展
    • 地域ねこ活動に関するA1判パネル2枚を作成、協議会として展示=下記(クリックして拡大ファイルをダウンロード可)
      地域猫パネル1-s
      地域猫パネル2-s
  3. 長崎南部M町の現状報告
    • 8/21にメス2匹(アイ、グーグー)、9/11にメス1匹(オネエチャン)を協議会不妊化助成で手術、10/10にさらにメス2匹(アラノスケ、ヨソオバチャン)を不妊化予定
    • 近隣自治会内の別の餌やりさんとコンタクトあり(9/30)、連携して市モデル事業への申請を検討
    • 8/21不妊化のアイの体調が10/7より低下、治療方針について現在検討中
  4. 長崎北部N町不妊化支援について
    • はじめに長崎猫の会.にコンタクトあり、協議会助成対象にできるかどうか検討
  5. 長崎の町ねこ調査隊塾写真展「ながさきの町ねこ写真展」(8/31~10/2)報告
  6. 長崎県獣医師会主催動物愛護フォーラム「ヒトと動物の共生をもとめて」(10/29ブリックホール国際会議場)のお知らせ
  7. 協議会新年度(2011/10~2012/09)体制について
    • 会長=HN「さるねこ父」(オフィスさるねこ)
    • 副会長=HN「とらきち」(長崎猫の会.)、S(平和公園地域猫の会)
    • 会計=HN「riofoor」(チームねこばか)
    • 会計監査=HN「きくいち」(しっぽの会)
  8. その他
    • 市民の森~唐八景公園における遺棄対策を長崎市農林整備課に申し入れできないか
    • 2012年度の啓発ポスターは「不妊化」をテーマとしたい(2011年度は「飼えないからって、捨てないで。」)

(文責:オフィスさるねこ)

2011-10

photo by 長崎猫

© 長崎県地域猫活動連絡協議会 2010-2016. Powered by Blogger.
© 2010-2016 ながさき地域ねこ活動支援ネットワーク Suffusion theme by Sayontan Sinha. Converted by tmwwtw for LiteThemes.com.