9月15日よりネット販売を開始した協議会チャリティーカレンダー「ながさきの地域ねこ2014」を、長崎新聞で取り上げていただきました。表紙のカラー写真入りで取り上げていただいたのは、今年が初めてです(以前チャリティーカレンダー2012を各新聞で取り上げていただいたときの記事はこちら)。

地域猫のカレンダーいかが

県内で「地域猫活動」に取り組む個人やグループなどでつくる県地域猫活動連絡協議会(中村淳会長)は、「ながさきの地域ねこ」と題した2014年版チャリティーカレンダーを千部製作。かわいかったりユーモラスだったりする地域猫の写真計25枚を掲載している。収益金は、会員が野良猫に対し繁殖しないよう不妊化手術をする際の助成費用に充てる。

猫は繁殖率が高く、不妊化しないとかなり増える。同会メンバーらは野良猫に対し、決まった時間、場所で給餌給水し、ふん尿を清掃し、不妊化手術を施し、そのことを示す「耳カット」をして名前を付ける活動をしている。その活動を通じて管理されている猫を「地域猫」と呼んでいる。

カレンダー製作は11年版から毎年取り組んでおり、これまでに計44匹の不妊化について助成。14年版は、おすまし顔の子猫や貫禄のある大きな猫、会員のズボンにじゃれつく猫など、ほほ笑ましい写真が満載。地域猫活動についても解説を載せている。

22日午後1時、長崎市上町のNBC別館1階で開く長崎市動物愛護フェスタで販売。ネット(http://chiikineko.cart.fc2.com/)でも入手できる。1部千円。問い合わせは中村会長(電080・2080・0581)。

P1P28

2013年9月20日『長崎新聞』12面(ウェブ魚拓はこちら


察しのよい方は既にお気づきでしょうが、この記事を書いて下さったのは、先日の山田貴己記者です。9月4日の記事に対して協議会から長崎新聞社に対して申し入れを行ないましたが、当日のうちに山田さんご本人から連絡をいただき、「地域猫」の概念については「(飼い主不明の)ノラねこ」と混同していたことを認められ、ていねいにお詫びのことばを頂戴しました。

そのうえで「これをきっかけに、『地域猫』という概念をもっと広く・正しくひとびとに知ってもらえるように、お互いに協力しましょう」ということで、まずは今回のこの記事となったわけです。これから現場取材なども絡め、機会を見てまたながさきの地域ねこ活動のことを記事にしていただければ、という希望もお伝えしてあり、山田さんからもできる限り応えたいということばをいただいています。

よい方向に転がっていくことを大いに期待したいと思います。

今年で4年目となる長崎県地域猫活動連絡協議会のチャリティーカレンダー「ながさきの地域ねこ」2014年版の販売を開始いたしました(→2013年版2012年版2011年版)。

P1P28

見開きB4サイズ(縦36.4cm×横25.7cm)の月めくりです。1部1,000円(送料込み)で、協議会ネットショップより購入できます。

この表紙や各月上段に掲載されているねこたちは、地域ねこ活動や個人TNR活動が行なわれている現場で、協議会会員が撮影しました。

P18P19

各月の内容は、こんな感じです。昨年に引き続き、各月に1日ずつ、何かねこにゆかりのある「今日は何の日?」を付けています。2014年9月は5日が「ねこ経済新聞創刊(2011年)」ですね。


売上から制作・販売経費を差し引いた収益金は、すべてながさきの地域ねこ活動の推進のために使われます。先日の記事にまとめましたように、これまでに44匹の地域ねこの不妊化手術を行なうことができました。ありがとうございました。

2011年以降作成しているチャリティーカレンダー収益金による地域ねこ活動現場への不妊化助成一覧です。

【2014年10月9日追記】2013年9月以降の情報を含む最新版は、こちらのページをご覧下さい。

2013年

  1. 2013-01-14 長崎南部M町第1地区・みけこ(M町12匹目・♀・トビミケ)
  2. 2013-01-14 長崎南部M町第2地区・みーこ(M町13匹目・♀・縞ミケ)
  3. 2013-01-22 長崎東部N町・しろ(1匹目・♂・シロ)
  4. 2013-02-10 長崎南部M町第1地区・オジョウサン(M町14匹目・♀・長毛サビ)
  5. 2013-02-10 長崎南部M町第2地区・みけ(M町15匹目・♀・ミケ)
  6. 2013-03-04 長崎南部T町(10匹目・♂・キジ)
  7. 2013-03-04 長崎南部T町(11匹目・♂・キジ)
  8. 2013-03-22 長崎南部T町(12匹目・♂・クロ)
  9. 2013-03-22 長崎南部T町(13匹目・♂・クロ)
  10. 2013-03-22 長崎南部T町(14匹目・♂・クロ)
  11. 2013-04-08 長崎東部N町(2匹目・♀・ミケ)
  12. 2013-05-14 長崎南部T町(15匹目・♀・ミケ)
  13. 2013-05-14 長崎南部T町(16匹目・♀・キジ)
  14. 2013-05-19 長崎南部M町第1地区・愛(M町16匹目・♀・キジシロ)
  15. 2013-05-23 長崎南部T町(17匹目・♂・キジ)
  16. 2013-05-23 長崎南部T町(18匹目・♀・キジ)
  17. 2013-05-23 長崎南部T町(19匹目・♀・キジ)
  18. 2013-08-19 長崎南部T町(20匹目・♂・キジ)
  19. 2013-08-19 長崎南部T町(21匹目・♀・キジ)
  20. 2013-08-20 長崎南部T町(22匹目・♂・キジシロ)
  21. 2013-08-28 大村O町・きっちゃん(1匹目・♀・キジ)

2012年

  1. 2012-01-29 長崎南部M町第1地区・ナナ(M町6匹目・♀・チャシロ)
  2. 2012-02-06 長崎南部M町第1地区・マロ(M町7匹目・♂・アメショ柄MIX)
  3. 2012-02-06 長崎南部M町第1地区・ツー(M町8匹目・♂・シロクロ)
  4. 2012-03-18 長崎南部M町第1地区・ヤセスギコ(M町9匹目・♀・サビまじりキジ)
  5. 2012-04-08 長崎南部M町第1地区・さくら(M町10匹目・♀・キジ)
  6. 2012-08-20 長崎南部T町(1匹目・♂・グレーキジシロ)
  7. 2012-08-29 長崎南部T町(2匹目・♂・キジ)
  8. 2012-08-30 長崎南部T町(3匹目・♀・サビキジ)
  9. 2012-09-26 長崎南部T町(4匹目・♂・キジ)
  10. 2012-09-26 長崎南部T町(5匹目・♀・キジ)
  11. 2012-10-08 長崎南部M町第2地区・ちび(M町11匹目・♀・三毛)
  12. 2012-11-29 長崎南部T町(6匹目・♂・クロ) 
  13. 2012-11-29 長崎南部T町(7匹目・♀・キジ)
  14. 2012-12-17 長崎南部T町(8匹目・♀・ミケ)
  15. 2012-12-19 長崎南部T町(9匹目・♀・グレーキジ)

2011年

  1. 2011-08-21 長崎南部M町第1地区・アイ(M町1匹目・♀・キジしろトラ混じり)
  2. 2011-08-21 長崎南部M町第1地区・グーグー(M町2匹目・♀・長毛薄茶キジ)
  3. 2011-09-11 長崎南部M町第1地区・オネエチャン(M町3匹目・♀・キジ)
  4. 2011-10-10 長崎南部M町第1地区・アラノスケ(M町4匹目・♀・三毛)
  5. 2011-10-10 長崎南部M町第1地区・ヨソオバチャン(M町5匹目・♀・キジ)
  6. 2011-11-21 長崎北部N町(1匹目・♀・シロクロ)
  7. 2011-11-22 長崎北部N町(2匹目・♀・クロ)
  8. 2011-12-06 長崎北部N町(3匹目・♀・クロ)

    2013年9月4日付長崎新聞に「地域猫 繁殖制限を|〝無用な殺生〟減へ」と題する記事が掲載されています(長崎新聞ウェブ版の記事はこちらウェブ魚拓はこちら)。この記事は、基本的には市民の動物愛護意識の向上を図る目的で書かれたものと思われますが、肝腎のタイトルにも含まれる「地域猫」という概念について、誤った理解をしているために、記事本来の目的とは真逆の結果をもたらしかねない内容となっています。

    ノラねこをめぐる地域環境の改善を図ろうと実際に地域猫活動に取り組む市民の足を引っぱるだけでなく、動物愛護に関する市行政の方針に関する報道内容についても信頼できない結果となっているこの記事について、長崎県地域猫活動連絡協議会は、内容および表現の訂正を求めるとともに、「地域猫活動」に関する正しい内容を含む特集記事を近日中に別途掲載していただくことを、長崎新聞社に希望します。

    2013年9月4日
    長崎県地域猫活動連絡協議会


    問題の記事は、9月20~26日の動物愛護週間を前に、山田貴己記者が長崎市動物管理センターに取材して書かれたものです。長崎市の収容犬・引取猫の現状が数字と写真をまじえて紹介されており、「殺処分」を減らさなくてはならないという問題意識を持って記事にされていることは評価できます。

    ところが残念なことに、この記事を書かれた山田貴己記者が「地域猫」についてその内容を誤解しているため、その部分に関しては山田記者の問題意識に反して、「地域猫がよくないものである」という結論を導きかねない結果になっています。記事より引用します。

     地域猫は不妊・去勢をしなければ繁殖する。また飼い猫も屋外で繁殖する機会は頻繁にある。安西所長によると、雄の去勢手術は1万5千円ほど、雌の不妊手術は2万円ほど掛かるという。飼い猫は飼い主の責任で繁殖制限すべきだが、地域猫は責任の所在が不明。このため市は、地域猫に関わる団体や個人に対し、繁殖制限の手術代の一部を助成する制度を検討中。手術後には何らかのマークを付け、判別できるようにして徐々に地域猫の繁殖制限を拡大、"無用な殺生"を減らす方針だ。

    「地域猫は不妊・去勢をしなければ繁殖する」「飼い猫は飼い主の責任で繁殖制限すべきだが、地域猫は責任の所在が不明」というのは、「地域猫」の一般的な定義からは明らかに逸脱しています。

    「飼い主のいないノラネコ」、つまり管理するひとのないノラネコを、地域ぐるみで「管理する」のが「地域猫」活動の趣旨です。ノラネコの個体把握を行ない、TNR(捕獲・不妊化・リリース)によって繁殖制限を施し、給餌給水を決まった時間にきちんと行ない、糞尿を始末して、一代限りのノラネコの生を最期まで見守るのが、地域猫活動です。

    山田記者は、「地域猫」を「飼い主のいないノラネコ」と混同もしくは誤解していると考えられます。引用記事中前段の「地域猫」を「飼い主のいないノラネコ」と置き換えれば、文意は通ります。

     飼い主のいないノラネコは不妊・去勢をしなければ繁殖する。また飼い猫も屋外で繁殖する機会は頻繁にある。安西所長によると、雄の去勢手術は1万5千円ほど、雌の不妊手術は2万円ほど掛かるという。飼い猫は飼い主の責任で繁殖制限すべきだが、飼い主のいないノラネコは責任の所在が不明。

     

    誤解に基づくこの記事によって、読者は「地域猫は繁殖制限されていないもの、責任主体がはっきりしないもの」という誤った理解を与えられることになります。このことは、地域内の感情的な反対や無理解による批判にさらされながら、自分のお金を費やして不妊化を進め、少しでも「地域猫」に近づけようとする市民の活動に対して、決定的な悪影響をもたらします。本当は、「きちんと管理するための地域猫」であるにもかかわらず、「地域猫とはいいかげんなものだ」という理解をされてしまうわけですから。

    さらに問題はこれだけに留まりません。上記引用の後段では、「このため市は、地域猫に関わる団体や個人に対し、繁殖制限の手術代の一部を助成する制度を検討中。手術後には何らかのマークを付け、判別できるようにして徐々に地域猫の繁殖制限を拡大、"無用な殺生"を減らす方針だ」と述べられていますが、山田記者の地域猫に関する理解が誤っている以上、市の今後の方針についてインタビューを受けた安西所長の当該コメントについては、残念ながら内容の信頼性が確保できないと考えられます

    長崎市が現在どのような助成制度を検討しようとしているか、当協議会では(期待はありますが)関知するものではありません。「正確な意味での地域猫の不妊化助成」が行なわれるのか、「飼い主のいないノラ猫への不妊化助成」が行なわれるのか、あるいはなにか別の助成制度が導入されるのか、もしくはまったくなにも検討されていないのかは、当協議会としてはなにもわかりません。正確な意味での地域猫の不妊化助成がなされれば、地域猫活動のお手伝いをしてきた当協議会としてはもちろん喜ばしいことですが、残念ながらこの記事の地域猫に関する部分については、その内容の信頼性はまったく担保されていません。


    殺処分を減らしたい、そのためにいろいろな立場のひとたちがそれぞれできることをしたい。記者としてできることは、実態を知らせる記事を書くことだ、という気概で記事を書かれたのだろうと推測します。決して悪意があって、だれかの足を引っぱろうとして書かれた記事ではないことは、読めば理解できます。

    ただ、そうであるがゆえにいっそう、今回のこの記事については残念でなりません。

    T町のYさんがお世話をされている地域ねこ現場を確認してきました。

    この現場は、2年ほど前からYさんが個人で少しずつ不妊化を進めていたところです。半径200~300mほどの地区に少なくとも20匹を超えるねこがおりあまりに頭数が多いこと、近所から常に苦情を受け、動物管理センターからもチェックが入る状態だったことから、2012年7月に長崎猫の会.さんの不妊化助成を受けて2匹を不妊化されました。その後、地域ねこ化を進めるということで2012年8月に協議会に加入され、これまでの約1年間で22匹の不妊化を済ませています。

    • 2012/08/20-1匹=グレーキジシロ♂
    • 2012/08/29-1匹=キジ♂
    • 2012/08/30-1匹=サビキジ♀
    • 2012/09/26-2匹=キジ♂、キジ♀
    • 2012/11/29-2匹=クロ♂、キジ♀
    • 2012/12/17-1匹=ミケ♀
    • 2012/12/19-1匹=グレーキジ♀
    • 2013/03/04-2匹=キジ♂、キジ♂
    • 2013/03/22-3匹=クロ♂、クロ♂、クロ♂
    • 2013/05/14-2匹=ミケ♀、キジ♀
    • 2013/05/23-3匹=キジ♂、キジ♀、キジ♀
    • 2013/08/19-2匹=キジ♂、キジ♀
    • 2013/08/20-1匹=キジシロ♂

     

    ただし、このうち2匹は既に不妊化手術が施されていましたが、病院の方針で耳カットを入れることができていなかったために、開腹後に施術済みであることが判明しています。ねこさんにとっては余計な負担ですし、お金ももったいないです。「ノラネコに手術をしたら耳カット」は鉄則ですね。

    K-r39682
    一番新しく手術をしたキジシロは、超フレンドリーでした。耳カットの跡がまだ真新しい。

    K-r39688
    「飼えないからって、捨てないで。」ポスターとちらしを貼っていただいています。

    K-r39738
    Yさんのお店(たばこ屋さん)のカウンターに陣取るキジシロ♂

    K-r39701
    この美猫ミケは昨年12月手術した子(だと思います)

    K-r39723
    向かいの青果店を訪問中のクロ♂(今年3月手術分)

    K-r39680
    このチャシロ♂は、最近やってくるようになった未去勢オスです。


    この現場ですが、もともとYさんがお世話をしていたねこさんたちの不妊化は、概ね2012年中に終了していました。ところが、同じブロック内(Yさんのお店から100mほどしか離れていない)で多頭飼いしていた方で半崩壊事案が起こってしまい、管理しきれなくなったその方のねこさんたちが未不妊のまま現場を闊歩するようになってしまいました。このため、2013年3月以降集中的に半崩壊事案のねこさんたちの不妊化を進めているところです。現在残りは成ねこ2匹・子ねこ4匹という話ですが、ねこの性別もよく把握できていない飼い主さんであるうえに、きちんと屋内の現場確認までは行なえていないため、どうしても不透明な部分が残っています。

    こうしたねこさんたちまで「地域ねこ」にできるのか、また不妊化助成を行なってもよいものかどうかについては、協議会内でもまだ意見がまとまっていません。が、確実にわかるのは、「放っておけばより悪くなる」ということです。とりあえずは不妊化手術だけでも済ませてしまい、落ち着いてから、道理が通っていなかった点がないか検証し、あらためて清算するというのが「次善の策」なのかなあ、と迷いつつ考えているところです。

    さらに、一番最後の写真に挙げたチャシロ♂は、最近になって、隣接するブロックの餌やりさんの現場(不妊化については一切関心がない、いわゆる「困った餌やり」)から流入してきた可能性があります。隣接ブロックのねこ頭数は、昼間にざっと眺めた感じで20匹以上、そのうち1歳未満の子ねこが半数以上と見受けられました。おそらく、大量に子ねこが生まれて、大量に死んでいるものと推測されます。はじき出された個体や、よりよい餌場を求める個体が、Yさんの現場に断続的に流れ込んでくる状況があるようです。

    というわけで、かなり障害の多いこのT町の地域ねこ現場ですが、この先どういうふうに管理していくか、また地域にどう働きかけていけるのか、協議会が関わって1年が経過する現在、もう一度話し合って検討する必要がありそうです。

    N町のYさんがお世話をされている12匹のねこの写真を撮りに行ってきました。

    この現場は、以前2~3年ほど前にもTNRを進めていたのですが、途中で中断を余儀なくされ、8匹のうち6匹までは不妊化を済ませたものの、メスを含む2匹の手術を済ませていなかったために、またねこが増えてしまった、という経緯があります。

    以前不妊化した6匹のうち、残っているのは1匹。不妊化できなかった2匹のうち、残っているのも1匹。

    K-r39563
    不妊化した方の残った1匹がこのチャシロ♂。右耳外側に耳カットが入っています。

    TNRしそこねたうちの残った1匹が昨年から子ねこを産み、その子ねこが今春に入って孫ねこをさらに立て続けに産んだために、周辺住民の方々の理解を改めて得ながら、全頭TNRをめざすことにしました。

    K-r39518
    これが、昨年子ねこを産んだ未不妊のパステル三毛♀(推定7歳)。口内炎によるよだれと、そこからくると思われる極度の痩せが見られ、猫エイズの急性期もしくは末期に入っているのではないかと疑われます。そのため、不妊化手術に耐えられるかかなり疑問なので、体調の推移を見ながら回復すれば不妊化するということで、この地区の不妊化手術をお願いするノア動物病院の池田先生と話がまとまりました。

    ちなみに、この現場を6月上旬に確認されたとらきちさんが撮影したこのパステル三毛♀が、下の写真で左のねこさんになります。

    DSC_3264a
    今よりもずっとふっくらしていて、あごの下の汚れがないことがわかります。この2ヶ月半ほどの間にかなりやつれたようです。

    で、このパステル三毛さんが昨年3匹の子ねこを産みました。グレーキジ♂、トビ三毛♀、グレーサビ♀です。グレーキジ♂・トビ三毛♀は、今回さるねこ父は確認できませんでしたが、トビ三毛♀は上のとらきちさんの写真の右側のねこになります。警戒心がやや強く、またどうやら繁殖力も旺盛のようで、このトビ三毛♀の不妊化が喫緊の課題になります。

    K-r39572
    パステル三毛♀が産んだ3匹のうちのグレーサビ♀。今のところは、おなかに子ねこは入っていないように見えます。

    さて、このトビ三毛♀とグレーサビ♀、どちらも現在1歳そこそこですが、この春に、つまり1歳にならない時期に、3匹ずつ孫ねこを産みました。

    DSC_3268
    やはり6月上旬にとらきちさんが撮影した孫ねこ6匹(当時約1.5ヶ月齢)。トビ三毛♀が産んだのが、左から1番目の(1)長毛キジ♀、3番目の(3)チャシロ♀、4番目の(4)三毛♀。グレーサビ♀が産んだのが、左から2番目の(2)チャシロ♀、5番目の(5)チャシロ♀、6番目の(6)チャシロ♂。孫ねこ6匹は、♀5匹・♂1匹です。

    現在4ヶ月齢となった孫ねこたちは、こんな感じになっています。

    K-r39526
    (1)長毛キジ♀(トビ三毛♀の子)はふさふさしっぽ

    K-r39585
    けっこう活発で、かつ人馴れしています。譲渡会に出せば、里親さまが見つかりそうな感じ。

    K-r39528
    左が(2)チャシロ♀、右が(5)チャシロ♀(どちらもグレーサビ♀の子)。

    K-r39554
    手前が(2)チャシロ♀、後ろは(6)チャシロ♂=二重カギしっぽ(どちらもグレーサビ♀の子)。

    K-r39590
    手前が(5)チャシロ♀(グレーサビ♀の子)、後ろが(4)三毛♀(トビ三毛♀の子)。

    K-r39614
    左から、(6)チャシロ♂(グレーサビ♀の子)、(3)チャシロ♀=風邪っぴき(トビ三毛♀の子)、(5)チャシロ♀(グレーサビ♀の子)。

    ……というわけで、この日(8月28日)確認できたのは、よれよれのパステル三毛(母ねこ)、グレーサビ(子ねこ)、孫ねこ6匹、以前不妊化したチャシロ♂の9匹でした。このほかに、パステル三毛母が産んだトビ三毛♀とグレーキジ♂、そして、別のところにねぐらがあると思われる♂(チャシロ?)の3匹がいて、全部で12匹ということになります。

    今後の方針ですが、グレーサビ♀とトビ三毛♀は急いで捕獲してノア動物病院さんで協議会助成による不妊化、よれよれのパステル三毛は様子見、孫ねこ6匹は所属自治会の同意を得て県獣医師会助成を申請してみて、無理だったら協議会助成で、秋頃以降不妊化、ということになりそうです。


    TNRは、するのであればきちんと最後までやらないと、よれよれパステル三毛が昨年グレーサビ♀とトビ三毛♀を産み、それが今年また孫ねこ6匹を産み、というように、あれよあれよという間に元の頭数(あるいはそれ以上)に増えてしまいます。ちょうど、この図のように。

    2013-0901-nekozan

    © 長崎県地域猫活動連絡協議会 2010-2016. Powered by Blogger.
    © 2010-2016 長崎県地域猫活動連絡協議会 Suffusion theme by Sayontan Sinha. Converted by tmwwtw for LiteThemes.com.